HOME

  • research
  • English

    日本語

    研究テーマ

    分散データ処理エンジン

    分散データ処理エンジンとは,数100台を超えるコンピュータを使って大量なビッグデータをリアルタイムで分析処理する技術であり,Google や Facebook を含めて多くの企業で利用されています.
    ビッグデータ工学講座では,MapReduce に代表される分散データ処理エンジンに関する高速化技術に関する研究を行っており,特に OLAP 分析・クラスタ解析・PageRank計算・相関ルールマイニング・行列分解などの分析処理の特徴を捉えることで,処理を最適化する分散データ処理技術に取り組んでいます.またビッグデータを安心して利用するため自動的にデータを匿名化するセキュアなデータマイニング技術についても取り組んでいます.

    分散データ処理エンジン 鬼塚研究室

    グラフマイニング技術

    グラフマイニングとは,「どの人がどこで何を買った・何を見た」などの,人・モノ・場所の関係に関するデータをグラフ構造で表現して,得られる大規模なグラフデータを用いて,モノを推薦したり,影響力のある人物を発見したり,世の中のトレンドを分析したりする技術です.
    ビッグデータ工学講座では,グラフのクラスタ解析・ PageRankを高速に処理するアルゴリズムに関する研究と,これらのアルゴリズムを利用するにあたってどのようにグラフ構造のデータを構築し,どのようにグラフ構造の時間的な変化を捉えるかといった,グラフ分析における試行錯誤を伴う分析操作を自動化する技術について取り組んでいます.

    グラフマイニング技術 鬼塚研究室

    対話システム

    言葉を理解し、気持ちを察し、人間のような会話をする対話システムの実現を目指し、研究に取り組んでいます。特に日常会話をするチャットボットと呼ばれるサービスを研究対象としています。
    私たちのグループでは検索ベース・生成ベースの2つのアプローチを研究しています。
    1.検索ベースの手法:大規模な過去の対話データから、適切な発話を検索し、ユーザに応答します。
    2.生成ベースの手法:様々な機械学習の手法を用い、会話を生成します。
    この研究ではMicrosoftリサーチアジアCORE共同研究プロジェクトの支援のもと、日本マイクロソフト社のサービスであるりんなとの共同研究を行っています。

    対話システム 鬼塚研究室

    機械翻訳

    言語の壁はコミュニケーションにおいて大きく立ちはだかる困難です。時に誤解や争いの原因ともなります。私たちは言語の壁のない世界を目指し、機械翻訳の研究に取り組んでいます。特にニューラルネットワークを用いた機械翻訳をターゲットにしており、日本語や英語のようなメジャーな言語だけでなく、マイナー言語の翻訳にも興味を持っています。

    機械翻訳 鬼塚研究室

    言語学習支援

    外国語の習得は重要かつ有益ですが、そのプロセスは困難に満ちています。私たちは言語学習者、また語学教員を支援するシステムの研究開発に取り組んでいます。これまで英語レベルを自動で判定するシステム、英語教材のレベルを自動で調整するシステムを開発しています。